個人輸入代行の特徴や注意点

個人輸入代行サイトとは

個人輸入代行サイトとは海外の企業や店舗などの商品を個人で購入する際に代行して購入手続きをしてくれる会社になります。

海外の企業や店舗の商品を購入するにしても

「しっかりと商品が送られてくるか不安」

「関税や消費税の支払い方はどうすればいいのかわからない」

「配送手続きをするにしても英語がわからない」

「細かい注意事項や手続きなど外国語を話すことも書くことも出来ない」などの様に分からないことや不安な事、苦手な細かい作業などを代行してくれます。

個人輸入代行サイトのメリット

個人輸入代行サイトのメリットとしては、日本では販売されていなかったり、入手の難しいものなどを手に入れることが出来る点です。

日本で医薬品を入手するにしても、病院で受診した際に医師による判断で薬が処方されるので、自分が欲しいお薬を購入することは出来ないのです。

個人輸入代行サイトのメリットは自分が欲しい薬を購入することが出来る事と、購入の際の手続きなどを全て代行してくれるので面倒な手続きがない事です。

個人輸入代行サイトのデメリット

個人輸入代行サイトのデメリットとしては薬事法で有効性や安全性が確認されている国内の医薬品等とは違い、保証などもありません。

またクーリングオフといった国内での法律が適用されないのも特徴です。

なので、購入した際に思っていた商品と違ったからといって、商品の返品が出来ないのがデメリットになります。

また医師による診断がない為、商品ページに記載されている説明をしっかり読んでから服用しないと、思わぬ副作用症状を引き起こす可能性があります。

医薬品を購入する際には十分に注意が必要になります。

個人輸入代行サイトを利用するうえでの注意点

個人輸入代行サイトを利用するうえで注意する点があります。

それは商品が手元に届くまでの時間です。

個人輸入代行サイトで商品を購入したとしても、商品が手元に届くまでには1週間近くの時間を要します。

海外から日本に商品を配送するので、どうしてもそれくらいの時間がかかってしまいます。

例えばアフターピルのような緊急時に服用する薬などが欲しくて通販で購入したとしても、手元に商品が届くまでに時間がかかってしまい、避妊に失敗してしまう方もいるみたいです。

もし緊急時に服用する薬がすぐに必要となった場合は、病院に行って処方してもらうようにしましょう。

個人輸入代行サイトで緊急用の薬を購入するときはストックを確保するというイメージで利用するのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です